• HOME
  • Web制作
  • カスタム投稿タイプで新しいテンプレートファイルを作る

カスタム投稿タイプで新しいテンプレートファイルを作る

 
 

お客さんのサイトを作っていて、撮影プランを作らなきゃいけなくなった。
固定ページタイプで作るか、投稿ページタイプで作るか迷ったんだけど、プランは結構数が多くて、固定ページで管理すると他のページと混じって管理しづらいし、投稿ページは「新着情報」として抽出するので、これで作るとプランも「新着情報」として出てしまう。
そこで「カスタム投稿タイプ」で作ることにした。

WordPressでは自由に投稿タイプを作成できるのだ。
そしてその投稿タイプだけをアーカイブ(一覧)して見ることができる。
撮影プランだけの投稿タイプを作り、その投稿タイプだけを抽出して一覧にする。

図にするとこんな感じ【図】。

何が便利って、たとえばhtmlコードをさわりたくないお客さんが、管理画面でテキストを入力するだけで、外見が整えられたアーカイブ一覧を抽出できたり、リストにできたりするから。

WordPressはあまりhtmlをさわらなくて済むとはいえ、ただの行でなくきれいにレイアウトしようと思ったらやはりhtmlやcssの知識は必要になるからね。

さらにさらにクライアントさんに楽な方法、
WordPressのカスタムフィールドを作ると、コードのわからないクライアントさんでも管理画面で自由に入力できるエリアを作ることができます。

こんな方法も…

新しいテンプレートページを適用させるには、phpファイルを別名保存してそのテンプレートファイル名を、管理画面で個別ページを追加する時に指定すればいいんだけど、
そのファイル名が通常は「ページ属性」で出るはずなのに、表示がなくて悩んでいたら…
作成したphpテンプレートファイルの最初にphpタグで囲んでファイルの名前を指定するのを忘れていた!
これをしないとWordPressに認識されないようだ。

この記事もおすすめ